2017年3月30日木曜日

アンプ遍歴 その5 (2014~2015)


ele-phant活動開始し、ベースでギター音域もある程度カバーするべく
・グヤトーンコンボベースアンプ ZIP60
・GALLIEN KRUEGER mb200ヘッド+tc electronic BC210キャビネット
・ハートキー3500ヘッド+tc electronic BC410キャビネット
これら3アンプでそれぞれ高中低3音域用として使い始めます。

この組み合わせで半年ほど活動していたかと思います。

ですが、グヤトーンZIP60のプリアンプ部不調が気になる・・・
そんな折、練習で試しにスタジオのギターアンプを鳴らしてみると
非常にちょうどいいうるささ。
当時はギターアンプでベースを鳴らすのに抵抗があったため
スタジオの機材を使うのは気が引け
グヤトーンの代わりとして自前のギターアンプの購入を決めます。

買ったのはSOVTEK mig50ヘッド。
90年代頭ころに叩き売りされていたソビエト製ギターアンプで2インプット仕様。
片側はマーシャル系、もう片側はフェンダー系のクリーンが得られる便利なアンプ。
しかも小型です。

写真はsoviet mig、ハートキー、TC210,TC410を積んだ状態

楽器に興味を持ち始めた高校生の頃によく店頭で見かけていたこともあり、
なんか憧れのあるアンプ。あのロシアンマフのメーカーですしね。

いままでギターアンプを使ったことがなかったので
ギターチューブアンプの歪み、コンプ感も初めての体感。

非常に気持ちいいものです。ギタリストにチューブ派が多いのがよくわかります。
もともとトランジスタ派だったため足元で歪ませていたこともあり、
マスターボリュームの無MIG50は音量、歪みのバランスが取りにくいものの
それ以上に気持ち良さが魅力的

キャビはtc210を使っていましたが、
たまにスタジオのギターキャビ(12インチ4)を鳴らすと
当然ながら中高域が強化され、音圧も強い。

自分のギターキャビが欲しいと思っていた矢先、
Bucket-Tのギターから使わないから、とのことて
ギターキャビを譲り受けることになります。
ランドールのBMF412キャビです。とにかく頑丈で重いキャビ。
すでに1年ほど前にBucket-Tは解散してましたので、
そのキャビを俺が使って行くのも何かの縁のようで感慨深い。

チューブドライブのミドル感は気に入っていましたが、
高音域用に足元で歪ませるためのアンプは別に必要と考え、
今度はトランジスタのギターアンプヘッドを購入します。
elkviking53。ハードオフで購入。
古いものなので詳細不明。
そもそもギターアンプなのかどうかもよくわからない。

とにかく大音量なアンプでした。トランジスタということで素直な音
ですがハイゲイン系をつなぐと常にハウり寸前のような飽和感がある。
実際にはハウりまでは余裕があるし音量もあがるのに、
インプットを上げていくと線が細くなってくる…
古いアンプなのでそこまでのハイゲイン入力が想定されていないんですかね。
それでも入力を抑えなから使うこととします。
(抑えても充分な音量感です。)

こうしてギターアンプを2台、ベースアンプを1台使うようになります。

ぼちぼちファミリーツリーが書けそうな遍歴になってきました。

ベースアンプヘッドはハートキーとGKを持っていましたが、
そのころにakimaneoskingrocker bassを購入。
以前の記事にかきましたがこれさえあれば
大抵のベースアンプで好みの音が出せるようになりました。
なので、2台とも手放すことにします。っていてもいいのですがかさばりますし、
なにしろドラクエ生活には予算が必要なので。
ハートキーは10年来の付き合いでしたので少し寂しかったです。
本当にいいアンプでした。

そのころはギターキャビについてもだいぶ感覚が掴めてきて、
マーシャル1960などの大音量むけキャビであれば極端なイコライジングなどしない限り
ベースで鳴らしても問題ないと確信してました
過去記事 ベースでギターアンプを使う 参照)
ライブでは会場のベースアンプ、マーシャルキャビと
自前のギターアンプヘッド×2、ギターキャビ×1を使うようになってました。

スタジオでの当時のフルセット状態。

そんな折、SOVTEK MIG50アンプが不調になります。
2インプットのうち片方が鳴らなくなります。
そこでakimaneosさんに相談し、フルメンテを依頼します。
ついでにマスターボリュームノブも追加。

メンテ、改造後は両方のチャンネルで音を作り、
混ぜてからマスターボリュームで全体の音量を操作できるようになりました。
チャンネル1はフェンダーライクなクリアサウンド、
チャンネル2はマーシャルライクなクランチサウンドでしたので
チャンネル1をペダルで歪ませ、チャンネル2はアンプ歪みとすることで
1台で2台分の働きができるようになりました。

そこで独特な飽和感に不満だったelkアンプも手放すことに。

最終章に続く



0 件のコメント:

コメントを投稿