2016年5月28日土曜日

アンプ遍歴 その1 (1995~1997)

20年以上前、19歳でBucket-Tを始めて、
2年くらいで最初のベースアンプを買いました。

当時は高円寺の20000vというハコによく出演してました。
(東高円寺の2万電圧とは別の店です。)
そのころの20000vは会場規模に比べて強力すぎるPAサウンドシステムを設備してまして、
それに惹かれてか、大音量志向なバンドが多数出演していました。
それらのバンドは大型のアンプ、キャビを持ち込み、
あたかもバンドの本気度をアピールしあうかのようでした。
俺はまだ貧乏な学生でしたが、みるみる感化されて
若気のいたりで当然のようにアンプ購入することになります。

最初に買ったのはネメシスの600wヘッドNA600と同じくネメシスの10インチ8発キャビ。
右も左もわからず、楽器店の勧めるまま当時売り出し中のアンプを買った形です。
当然ローンで。
いいカモですね。

このアンプセット、サイズに比べて軽量でしてキャビも一人で運べるほどでした。
確か30kg代だったかと。810なのに。
ですが、音量は伸びにくく、大音量信者だった当時の俺にはダメなアンプでした。

アンプの選定って本当に難しいです。
特に当時はネットの無い時代ですので集められる情報は少なく、
好きなミュージシャンの機材を調べるのもままなりません。
動画で確認なんて夢のような話し。(それでも画質の悪いブートビデオを買っては研究してましたが。)
特に大音量を求めるとなると店で試すのも限界があります。

当時、渋谷の某楽器屋でアンプを試奏し、
求める音量に上げて行くとどんどん店員が集まってきて無言の圧力を受けたなんてこともありました。
結局、求める音量が得られるかどうかは買って試さないとわからないのが実情でした。

話しがずれました。ネメシスの話し。
経験を積んだ今ならあのアンプでもあのころ望んでいた音や音量感を出す自信もありますが、
当時の俺には出来ませんでした。

そして早速次のアンプに手を出します。
キャビはネメシスのままでアンプはハートキーの3500に切り替えます。
ネメシスのローンは未完済なのに、ネメシスのヘッドを売って頭金に。

こうして古い武器を売って新しい武器に切り替える、ドラクエ的なアンプ歴が始まりました。
右も左もわからないままに。

続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿